脱がないメンズエステこそ興奮度が高いものです

最近の風俗では脱がない、触らせないといった風潮が根付いている分野も堂々と成り立っていて、露出度の高さだけでは語れない店が結構あります。
メンズエステなんてそんな代表格、もちろんトップレスが基本メニューに入っていてソフトタッチOKなんてケースもあるにはありますが、品の良さを売りにする店では男性が全くの受け身のみでフィニッシュというところも少なくありません。

では客はどうしてそんな店を支持するんでしょうか。
私もそんな客の一人ですが、それにはそれなりの奥深さがあるからに違いありません。
例えば女性の裸があれば何でもいいのかと聞かれれば、けしてそうも言えないところにフェティシズムというものが存在します。

男性の夜遊びとして割り切るのなら、趣味嗜好がピッタリ来る店でないとお金を払う価値もないだろうと思うのですが、まさにそんな角度で言うならば私は衣服着用でこそエロティックな空気を感じてしまうのです。
メンズエステのエステシャン、ユニフォーム着用なら見た目は健全エステと何ら変わりありません。
だからこそ抜き無しの店に来たようなイメージで快感に浸れるのです。
そんなイメージを徹底してくれる店こそアクシデンタルな施術に期待してしまうのです。